精神的、肉体的に限界を感じた看護師

新卒で入職した総合病院で「肉体的にも、精神的にも疲れて医院へ転職をした看護師さんにインタビューをしました。

転職前の勤務先
中規模の総合病院/外科病棟

転職先
個人病院/内科

転職した理由
精神的にも肉体的にも疲れた

辞めたくなった理由

私は新人で入職した総合病院を3年目の時に退職しました。

辞めた理由は「自分が看護師に向いていないんじゃないか」と毎日悩むくらい日々いろんな出来事があったからです。

怒られることも多く、自己学習したり手技の訓練も頑張ったけれど、実際の看護の現場では思うように動けないという状態でした。

また、肉体的にも月に6回程の夜勤もきつく、精神的・肉体的な疲労が溜まっていったことから、長くは続けられないと思い、早めの転職を考えました。

1年目で既に辞めたかった

辞めたいと思い始めたのは、入職して1ヶ月も経たない頃からで、看護師長に相談をしたのは1年後の時からです。

辞めたいことを相談すると、「まだまだこれからだ」「もう少し頑張ってみないか」など引き止められました。

そのときはもう少し頑張ってみようとなれました。
でも、陰で「あの子辞めたいって言ってる、超困る」という内容のことを病棟スタッフに言っていたのを聞いてショックでした。

これを聞いたときには辞めたいという思いが強くなっていました。

耳鳴りなど体の異変

ずるずる引き止められ続けていましたが、体が先に悲鳴をあげ、耳鳴り等に悩まされることが多くなり、強く退職したいことを伝え、やっとの思いで退職に至りました。

退職を伝えた時は、病棟スタッフは知らなかったのか、「ふーん」という感じで、円満退職とは言えないのが事実です。

転職先は、看護師に特化した転職サイトを利用して行いました。
転職先を選ぶ際、給料が低くなることが一番の問題でしたが、夜勤がなくスタッフ仲も良さそうということで、転職先を選びました。

結果、体調も元に戻り、人間関係も良好だったので、看護のことで分からないことを気軽に相談し合えるなど、いい環境に巡り合えてよかったです。

総合病院でしか体験できない看護も多かったのですが、早めに自分に合った病院を見つけることが出来たことで自信も持てるようになりました。

このページの先頭へ