適応障害・うつになった看護師

看護師になって3年目で病棟の立ちあげを経験し、管理職(看護師長)になった異色の経歴をお持ちの看護師さんにインタビューをしました。

転職前の勤務先
医療法人クリニック(有床、グループクリニックあり)

転職先
一般総合病院/救急外来

転職した理由
心身の体調不良が原因でした

看護師3年目での病棟立ちあげ

私は事情があり新卒半年で大学病院を退職後、医療法人のクリニックに入職しました。

翌5月(看護師2年目)に管理職になりました。
事業拡大が大きく進んでいた医療法人であたため、看護師3年目には病棟立ち上げを一人で行い看護師長となりました。

年上の部下を持つ事になり、反感をかなり買いながらも、なんとかやっていく努力を惜しまずに、毎日、5時起き、6時出社でメールと書類チェック、7時から会議に出席しました。

8時から小手術、8時間半~19時半まで通常看護師業務をし、19時半から会議、セミナー、接待などで、帰宅は1時です。

体調の変化

残務を自宅でもこなし、3時入眠、5時起床の繰り返しで、

  • 1か月で10キロの体重減
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 適応障害・うつ

と診断され、自宅休養が必要とのことでやっと辞める事を許可されました。

昼食をとる暇もなく、寝る時間もなく、仕事は増えるばかりで、通常の診療時間内は「管理業務をするな」とのお達しもありました。

頑張りましたが、いつまでも続くはずがなく辞めました。

退職~転職まで

辞めるまでの期間は4年半です。
寝る間もなかったのは3年程です。

退職を伝えたときの周囲の反応は、「病気じゃ仕方ないね」と、私たちのせいではなく、あなたが管理がなってないわけだし、辞めるなら、ちゃんと引き継いでねといった感じでした。

以前にも何回も申し出たのですが、その時は、全く取り合ってもらえず、このときばかりは、1か月の引き継ぎ期間で、退職届けを提出、受理してもらえました。

転職先を選んだ理由は、時間外が少なく、寮もあったこと。
そして、大学病院で入りたかった救急外来に入職出来ることが大きな理由でした。

また、転職斡旋会社からのボーナスも出るからでした。
(前職は退職金がない法人でしたので)

転職先は、ナースではたらこという転職斡旋会社さんに相談し、コンサルタントさんとお話をして、数件病院をピックアップした中から決めました。

転職時は、事前に情報があり、交渉もしやすいため転職斡旋会社を使いました。

このページの先頭へ